Our Journey

私たちの歩みと未来

これからの目標

日本でどこよりも、障害のある方の力を
受け入れる企業になるために。

パーソルグループでは、2030年までの障害者の方の雇用目標値を定めております。
一人ひとり異なる価値観や能力を認め合い、同じ場所でともにはたらく未来を目指し、
今後も事業やはたらく環境を進化せていきます。

わたしたちが目指す姿
(障害者雇用数の目標数値)

2020年 約1,600名(2020年6月時点) 2025年 約4,200名(暫定目標値) 2030年 約10,600名(暫定目標値)
Phase 01

グループ内の事業からより多くの業務を切り出して特例子会社に委託し、特例子会社での採用を中心に雇用者数拡大を目指します。

Phase 02

特例子会社に委託する以外にも、障害のある方が従事できる仕事を続々創出し、グループ内のさまざまな事業会社で多様な雇用を実現。障害者雇用の新たなモデルケースを確立していきます。

未来に向けた取り組み

会社としての取り組み

  • 柔軟な勤務体系の確立
    (テレワーク/シフト勤務/フレックスなど)
  • はたらきやすい環境整備
    (バリアフリー整備、PC環境整備など)
  • はたらきやすい業務拡充
    (業務の見える化、仕組み化の実現)

社内活動としての取り組み

  • 相互理解を深めるために、社員同士、グループ個社間での取り組みを実施していきたいと考えております。
  • 実体験イベント/社内研修など
  • コミュニケーションの機会創出