Our Answers

ともにはたらく環境づくり

ともにはたらく土台づくり

空間設計から勤務形態の多様化まで、
幅広い視点で環境を整備。

オフィスやPCなどのインフラ整備はもちろん、業務のマニュアル化や効率化、リモートワークを含む勤務形態の多様化など、パーソルグループの各社ではさまざまな視点から環境の整備に取り組んでいます。
また、特例子会社での事例やノウハウを他の事業会社にも随時展開し、グループ全体として土台の強化を進めています。

誰もがはたらきやすいオフィス環境の整備

立地や同居するテナントまで加味したオフィス選びや、設備のバリアフリー化、
落ち着けるスペースの確保など、身体・精神どちらの障害にも配慮した
インフラ整備を事業会社ごとに実施しています。

【取り組みの一部(※パーソルサンクスの場合)】

  • 車椅子でも通いやすいビルへの入居
    (多目的トイレ、移動可能な通路幅、低層階など)
  • オフィスのドアは引き戸にするなど、
    誰もが不便なく使えるレイアウトや設備の工夫
  • 会議内容や業務指示のテキストでの共有
  • クワイエットルームの設置
  • 近隣交番との連携
  • 食堂のメニュー表示の音声読み上げ など

特例子会社からのノウハウや知見を共有

特例子会社で実施している取り組みやそこから得られたノウハウ・知見を、グループ内で随時共有。
効果的な取り組みはグループ全体で展開していきます。

【展開事例の一部】

  • 仕事のプロセスを全て「見える化」し、
    業務の切り出しを効率化
  • マネジメント、コミュニケーション手法の
    共有による不安の解消
  • マニュアル化・仕組み化による
    業務効率と品質の向上 など

※一部、未対応のグループ会社もございます。

能力に合わせて選べる幅広い職種

パーソルグループでは障害を一括りで考えず、個々の能力や仕事への考えを尊重しています。
そのため、職種もできるだけ幅広く用意し、本人に意向に合った仕事を選べるようにしています。

【職種例】

  • はたらく意欲が高く、事業に貢献しながら成長したいと考える社員には、総合職など一般スタッフと同等の職種を用意
  • 障害と向き合いながら、自分のペースではたらきたい志向が強い方には、長く安定して行える職種を
  • 体調によって仕事への希望が変わることを見据え、異動可能な制度を整備

※一部、未対応のグループ会社もございます。

時短やリモートなど
多彩な勤務形態を整備

障害や体調、通院などの事情により毎日の通勤や長時間の勤務がむずかしい場合は、時短勤務、残業量の調整、シフト勤務やリモートワークの適用を検討。さらに、地方在住者と都心の仕事をリモートでつなぐ新たな事業も開始しました。

※一部、未対応のグループ会社もございます。

「ともにはたらく環境づくり」インタビュー一覧 へ